Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megumi413.blog83.fc2.com/tb.php/564-6a2fee7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初オペ?

先日、総合病院へ行って来ました。

aoiは生後1ヶ月ころからずっと涙目&目やにが出ていて健診の度、そしてかかりつけ小児科で度々相談していましたが大きなれば自然と治るよーと言われて抗生物質の点眼薬を続けていました。
しかし繰り返して、目やにが酷くなってきたので保育園の先生に眼科受診を勧められました。

眼科では色つきの試験薬を下まぶたに付けて、10分後に流れてなくなっているかのテストをしたところ
aoiは右目だけ薬の色が残ったままでした。
診断は『先天性鼻涙管閉塞症』とのこと。
赤ちゃんでは珍しくないことでマッサージしたり、成長過程で治ることが多いようですが1年以上続いているため
目がしらの小さな穴から針金のようなものを通して開通させる治療をした方が良いだろうと。
総合病院を紹介されました。

目がしらの穴から針金!?
想像するだけで痛いですが、日帰りで出来るとのこと。
こんな小さな子供だし、動いて暴れるだろうから麻酔もするんだろうな…
日帰りとはいえ初手術にドキドキでした。

しかし新しくなって今月オープンしたばかりの病院に入るのはちょっと楽しみでもありました♫

初めての場所にaoiは緊張気味で抱っこ抱っこでしたが、慣れてきたら持っていったおもちゃや本で遊びながらおしゃべりして、飽きたら座ることはなくずーっと端から端まで行ったり来たり、ちょろちょろちょろちょろ歩きまわり、
診察室のドアを開けてみようとしたり、、、
ほんっとに油断できない子、、、
幸い眼科の待合室は年配の方ばかりで、元気だね、かわいいねと微笑ましく見て頂き、いろんな人に話しかけられました。

診察では、『すんなり通らなくて鼻の骨のほうにいってしまうことがある』とか『上手くいかなかったら札幌でないと治療できない』とか脅されました(-_-;)
しかも麻酔はせず、抑えつけて行うそうで、、、
押さえても動いちゃって目を傷つけたりしないのだろうか、と不安はさらに募りました。

いざ、小手術室へ。
なにもしらず看護士さんに抱っこされ私にバイバイする娘。

ちょっとしてから鳴き声がひびきはじめて待合室でドキドキして待ちました。
ほんの数分で出てきて、私にがしっとつかまり抱きついて泣くaoiが可愛くて愛おしくて、
『私が守ってあげなきゃ』という気持ちになります。

押さえつけられてトラウマになったかと思いきや、帰りには看護士さんに笑顔でバイバイしました。
IMG_3387.jpg
強い子☆

1ヶ月後に再診ですが取り合えず一安心。
2日間は涙に少し血が混じって出てきましたが3日目は血はでなくなりました。
これで目やにから解放されるといいな。

がんばったaoi
院内のベーカリーカフェでパンをたらふく食べました。
image1 (3)




そして…昨夜から卒乳の試練が始まりました。
結構頑固でいっぱい泣きました。
今夜もガンバレ!!
ママもガンバル!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megumi413.blog83.fc2.com/tb.php/564-6a2fee7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

プロフィール

meg

Author:meg
結婚して初めての妊娠から子育ての記録。
現在は二人の子育て【shu】と【aoi】との奮闘生活を綴ります。

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。